アイデアが溢れ出る曼荼羅9マトリックス

脳の仕組みと潜在意識を活用した古くから伝わる新ツール

多くの固定概念で、思考が凝り固まってしてしまって、新しいアイデアや違った視点からのクリエイティブが出来ないと悩んでいませんか?
これまでの学びや経験から、あなたの固まってしまった思考回路をブレイクするために、楽しく実践できる全く新しいツールをご紹介いたします。

それが、曼荼羅(まんだら)9(ナイン)マトリックスと呼ばれるものです。

「曼荼羅 フリー」の画像検索結果
この方法は、弘法大師(空海)が唐に渡ってマスターした、金剛界荼羅(こんごうかいまんだら)から来ていると言われています。
習慣の専門家であり、ベストセラー作家の佐藤伝さんがお勧めしている方法ですね!

 

ブログテーマやメルマガのネタ、電子書籍や情報商材の章立てにも

この曼荼羅9マトリックスを活用することで、、、

  • ブログのネタがとめどなく溢れてきます
  • メルマガのネタに困らなくなります
  • 電子書籍を書くためのアウトラインがすぐに完成します
  • 情報商材、商品開発の全要素をまたたく間に出し切ることができます

 

アイデアは考えるんじゃない、沸いて出て来るんだ

それでは具体的な方法をお伝えします。

次のような、3x3の9マスを用意して、その真ん中にこの曼荼羅のテーマを書きます。
そして、周りの8つの空白のマスに、中央のテーマに沿ったキーワードや回答を埋めていきます。

脳のクセの一つ「ワクがあると、埋めたくなる」という習性を利用したツール。
さらに、8個という限定性があるので、達成する目標も明確で、飽きずに楽しくアイデア出しができちゃうんですね。

この曼荼羅9マトリックスの書き方に、今まで通りの発想ではない、固定概念をブレイクさせる秘密が隠されています。

右から順に書いたり、上から下に向かって書くという方法では、これまでの発想から抜け出せなくなってしまいます。
そこで、この手法では、まず直感に従って、十字の4つを一気に埋めてしまいます。
順番は下(2)から、左(3)、上(4)そして右(5)の順に、ひとマス5秒以内に考えずに、浮かんだキーワードや文章をサクッと書きましょう。

次に、直感で出てきたキーワードに挟まれたマス(6〜9)の書き方にもコツがあります。
6の場合、今度は直感ではなく、2と3をぼぉ〜っと見ながら浮かんできたことを書きます。
2つのアイデア・キーワードの関係性による発見や、思いもよらない発想、自分の中にあった言葉が出てきます。

 

  1. 真ん中にテーマを書く
  2. 2〜5の十字のマスをテーマに沿って直感で書く
  3. 6〜9のマスを、挟まれたキーワードから浮かんできたものを書く

 

アイデアの全体像が浮かんでくる

はい、ここからが曼荼羅の真骨頂。
全方向にさらに9マスを展開させて、曼荼羅を完成させます。
各マスの中央のマスに最初の9マスで出てきたワードを書き込みます。

2のテーマから順に、そのマスのテーマに沿って一つずつ同じ手順でマスを埋めていきます。

ひとつのテーマ・キーワードから別のアイデアへとどんどん発展することで、1つのテーマが8つの章に展開され、その一つ一つに小見出しが作られます。
その関係性や結びつきが、最初のテーマをより強力に、さらに深いものにしてくれます。

 

4. 中央の9マスで出たキーワード(2〜9)を外のマスの中央に書き写す
5. 外のマスも2から順に、左回り、もしくは数字の順番で1〜3の手順で書く(考えすぎない!)
6. 9番のマスまで書ききったら完成!

 

真髄は右下のマスに現れる

ぜひ実際にやってみて下さい^^
本当にいろんな発想がどんどん出てきます!しかも早い!

そして、この曼荼羅の中で、あなたの本質が暴かれることになります。
あなたの本質は一番最後の9マス目(右下)に現れます!

ぜひ、最後まで一気に書き上げたら、最後の9マス目をしっかり見てみて下さい。

成功の秘訣は、とにかくやってみる。あとで直す。

あなたのワクワクの源泉を湧き出すことができれば、必ず道は拓けます!

 

オリジナルシートのダウンロード

Ryotaが作ったオリジナルの曼荼羅9マトリックスエクセルシートをプレゼントします!

ぜひダウンロードして、ご活用下さいね!